ペーパー ドライバーのための講習

ペーパー ドライバーの方向けの講習会についてご紹介します

ペーパーのドライバーの講習はどんなことをするのか

ペーパードライバーの講習を受けたいと思っている人は世代に関係なくいます。最近の若い世代を代表する、免許だけを取得し普段は乗らないという人や昔は運転したけど結婚してから乗らなくなったという主婦など様々です。しかし、何かをきっかけに車に乗らなくてはならない機会が出てくるのもまた事実であり、そうした時に誰に教えてもらうのかで頭を悩ませてしまいます。そこで登場するのがペーパードライバーの講習です。実際は何を行うのか、どのような技術的な練習、アドバイスを受けることができるのか、どこで練習をするのかなど疑問に思うことが多々あります。運転できるようになるための強い味方であるのはわかるものの、本当のところは色々と不安でいっぱいであり、知りたいことが山ほどあります。

場所も内容も依頼者の希望で決まる

実際に行う場所やその内容は最初から決まっているわけではありません。むしろ依頼者の要望や日数などによって決定します。例えば、運転から10年以上離れている人のペーパードライバーの講習は最初に車を安全に動かすところから始まり、恐怖心を取るところからスタートです。それから基本的なルールを運転しながら思い出し、後はバックの練習などをしていきます。場所に関しても、行きなれたところで行うのが一般的です。例えば、いつもよく行くスーパーマーケットまでの道で行ったり、いつも家族に運転してもらって通っている病院までの道すがらなど、よく知っている道で練習が行われます。もちろん、業者側で設定することもありますが、知っている道で練習した方が怖さもなく、応用しやすいという側面があります。

ドライブ感覚で行うことができる

自動車教習所の延長線上をイメージする人が多く、教官はものすごく怖い人ではないかと感じている人も少なくありません。しかし、実際はとてもやさしく、丁寧に教えてくれる人がほとんどです。指導する人も、なぜ長い間運転してこなかったのか、その心理を十分知っており、叱り飛ばし萎縮させたとしてもロクなことはないということをよくわかっています。こうしたこともあり、ペーパードライバー講習はドライブ感覚で行われ、その中で気づいたことを指摘し、それを修正していくことが行われます。また、運転に関するコツなどを丁寧に教えてもらえるため、次からこうすればいいというものがわかります。一番大事なことは運転に対する自信を深めることであり、自動車教習所では学べないことを学ぶことも可能です。